So-net無料ブログ作成

及川光博と檀れいホロスコープ分析 [有名人ホロスコープ分析]

まさに電撃結婚のミッチーと檀れい。
私は二人がお付き合いしていることすら知りませんでしたが、通っている占星術学校で、夏休みの課題として(?)、二人のホロスコープ分析を出されたこともあり、Blogにも結果をUPすることにしました。

及川光博 1969年10月24日午前2時(仮定) 東京都大田区生まれ
注)ご本人がインタビューで、「僕のアセンダントは乙女座」と話したことを受け、出生時間を午前2時に設定しました。
◎二区分:男5 女5
◎三区分:活動宮6 不動宮3 柔軟宮1
◎四区分:火1 地3 風4 水2

檀れい 1971年8月4日出生時間不明(午後12時と仮定) 京都府京丹後市生まれ
◎二区分:男6 女4
◎三区分:活動宮2 不動宮4 柔軟宮4
◎四区分:火3 地3 風3 水1

及川光博さん:
二区分は男女とも5ずつでバランスが取れているが、活動宮に星が集中しているので、自分から行動し、人生を切り開いていくタイプ。ただし、火の要素が少ないので、向こう見ずな行動派ではない。
じっくりと状況を見据え、思考して結論を出し(地と風の多さ)行動するタイプ。
蠍座生まれだが、天秤座のマジョリティ。水星・金星・木星・天王星が集中しているので、天秤座の要素が強調される。芸能界では「王子様キャラ」で売り出したのも理解できる。
金星がオウンサインなので、ズバリモテるし面食い。いわゆる「連れて歩いて恥ずかしくない女性」が好みなので、金星を獅子座に持ち、華やかな美しさの檀れいさんに、最初は外見から惹かれたのではないか。
火星が山羊座にあり、乙女座の冥王星とトラインなので、はじめは外見に惹かれたにしろ、檀れいさんへのアプローチは、真面目で誠実、そして粘り強いものだったと考えられる。
また、火星と冥王星のトラインは、及川さんが、タイトなスケジュールでもこなしていける、気力体力集中力の持ち主であることを窺わせる。
火星・海王星・冥王星で小三角を形成しているので、夢を売る芸能界で生き残って行けると考える。
ただし、火星は木星とスクエアでもあるので、オーバーワークには注意が必要。
ASCは乙女座でルーラーは2室にあり、木星とコンジャンクション。
才能を収入源として行かせることも、浮き沈みの激しい芸能人には有利ではないか。
はじめは天秤座的な「王子様キャラ」を演じ、のちに「王子からの転職」として、蠍座の探究心を生かし、俳優一筋に方向性を変えたことも、結果的には良かったと思われる。
月・太陽・土星で見る人生の傾向としては、少年時代は活発(月が牡羊座)だが、一風変わったものに惹かれたり、人があまり興味を持たないような趣味があったのではないか(月と天王星のオポジション)。
意外性に弱いタイプだったかもしれない。晩年は、土星が牡牛座にあることから、俳優業の傍ら、自分の美意識や五感を生かせる、主に女性相手の仕事(MCと金星がトライン)をやってみるのも良いのではないか。

檀れいさん:
二区分は男6で女4と、外向的なタイプ。
どちらかというと、自分自身ではなく、自分の外の世界に関心が高い。
及川さんとは反対に、不動宮・柔軟宮に星が多いので、自分から積極的に打って出る方ではないが、「こう」と決めたらその道を迷わず進める芯の強いタイプで、周囲に合わせることもできる柔軟性・協調性も持ち合わせている。
四区分では水の要素が少ないため(水1)、いわゆるウェットなタイプではない。天秤座に多くの星を持ち、風の要素が強調される及川さんは、檀さんの、付き合っていても自分を束縛しない爽やかさや、しっかりと自分の考えを持っていて、自立心も旺盛な部分(火風地3ずつ)にも、好意を寄せるようになったのではないか。
太陽は天王星とセクスタイル。意識して他の人とは違うことをすることが、成功に結びつく。
不倫相手の子供を誘拐するという、最近の映画で演じた役のような、宝塚や金麦のCMのイメージをいい意味で裏切った方が、成功につながると考える。
月は古風な山羊座なので、伝統のある宝塚や、独特のしきたりを持つ芸能界になじめる方だと思う。
月は水星とトラインなので、自分の感情をうまく周囲に伝えられるし、演技の台詞にも、上手に感情を乗せられるタイプ。共演者やスタッフへの気配りもできる方だと思う。
水星は乙女座でオウンサイン。分析力に優れ、いわゆる「憑依型の役者」ではなく、台本を分析し理解し、まず頭で納得してから役に入るタイプだと思われる。
水星は土星とスクエアでもあるので、仕事場に入る時にはすでに台詞が頭に入っているとか、決して遅刻はしないとか、仕事に対して非常に真面目な方ではないかと考える。
金星は獅子座なので、恋愛面では意外と女王様気質で、仲間うちでは自分が中心にいたいタイプだと考えられる。金星は土星・天王星とセクスタイル、海王星とトライン。
恋愛ではお姫様のように扱われたいと思い、ロマンチックなイメージを持っているが、交際自体は長続きする方ではないか。デートやプレゼントで、相手を驚かせるサプライズな演出をするのが好きかも。そんな檀れいさんの火星は水瓶座にあり、個性的な男性に惹かれる傾向あり。
だから及川さんだったのかもしれません(笑)
月・太陽・土星で見る人生傾向としては、真面目な少女が伝統ある宝塚に入った(月が山羊座)ことがきっかけで、華やかな世界で生き、自分をアピールする楽しさを知る(太陽が獅子座)ようになるが、晩年は、土星が双子座にあるので、今までの女優としての経験を本として出版したり、演技を教える講師などをやってみると良いのではないか。

及川さんと檀れいさんの結婚生活については、それぞれの太陽・月同士がスクエアなので、結構ぶつかることも多いのではないか。太陽が不動宮同士なので、ケンカをすると長引くかもしれない。
二人とも仕事を持っていて、四六時中一緒にいる環境ではないのが、もしかしたら良い方に働くかもしれない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

-|12星座9月の運勢 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます