So-net無料ブログ作成

木星土星を使いこなしたい [自分ホロスコープ分析]

占星術の授業で先生がおっしゃっていたのが、『一番理想的な木星土星の使い方は、木星で夢を広げ、土星でそれを形として固める』ということ。
さっそく自分のネイタルチャートにおける木星土星を検証してみることに。
木星はハードアスペクトのみ。
土星はコンジャンクション、ソフトアスペクト、ハードアスペクト全部ある。
もうなんか・・これだけで、棚ぼた式の運の良さ、なんてのは期待できないんだから、コツコツやることで運を開いていくしかないんだよ、と言われてるような気がする(笑)

で、土星は月とコンジャンクション、冥王星とオポジション。
月土星とも木星とスクエア。木星は冥王星ともスクエアで、いわゆるTスクエアだ。
「何かやろう!」となった時、月土星に冥王星パワーが注入され、スイッチ入った状態になって、ものすごくやる気になって、勉強とかダイエットとか、自分を抑制する必要があるものは、自分を律しつつ、徹底的に目標に邁進し始める。
ところがそこへ「まぁいいじゃない。のんびり行っても」と、お気楽に横ヤリを入れてくる木星。(Tスクエアの頂点)が、お互い向かい合ってる冥王星、月土星合は、自分達のことしか目に入ってないので、木星のいうことはまるっきり無視。で、無視され続けた木星が、ある日臨界点を越えちゃって大爆発。元々、月木星スクエアのお気楽さがあるもんだから、臨界点を越えると、律してた分一気に反動が来て、ウルトラナマケモノに・・。
『木星で夢を広げ、土星で形にする』どころか、形になる前に自分からぶん投げているような。「このままじゃダメ。もっとこうしなきゃ」「まぁまぁいいじゃない。何とかなるよ」の繰り返しというか、その二点の間を行ったり来たり。木星土星を使いこなすどころか、思いっきり変な癖がついているような(笑)ネイタルチャートってほんとに自分が出るなぁ。調べれば調べるほど、自分が剥かれてゆく感覚というか、でも怖いもの見たさ的な面白さもある。

最近、「ちいさいことを重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道だと思います」(イチロー選手)とか、「継続は力なり」(坂本勇人選手)とか、諦めずに粘ろうと努力を促す言葉が、自分自身やけに引っかかる。そういえば、T土星がASCに来ているんだった。自分自身のあり方を見直せと、そういうことなのかな。そういう時期に来ているのかな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます