So-net無料ブログ作成

忘年会 [日常つれづれ]

先週の土曜日は、通っている占星術学校の忘年会でした。
一応私が幹事らしき役をやり、以前クラスメートのYさんに連れて行って頂いておいしかった、フレンチビストロのお店を予約し、先生を囲んで総勢6名でささやかな忘年会を行いました。

何だかんだ言って今の学校には一年以上通っているので、クラスメートの皆さんとも打ち解けて、こういった忘年会も開催できて、自分としてはとても良かったと思っています。

おいしい料理を食べながら、ワイワイやったのですが、私は向かいの席に座られたIさんと、「お互い寅卯空亡がようやく終わるから良かったね」などと、しっかり占いの話をしていました。
私は四柱推命等の東洋占術でみると寅卯空亡で、先に書いたトランジット土星・天王星のオポジションとコンボで巡って来ていたので、影響もキツさも倍だったのかもしれません。
ネイタルチャートでも、元々天体の配置が柔軟宮に固まっているので、浮き沈みの激しい運勢だというのは予測がつくのですが、東洋占術だと火の要素しかないので、こちらでも浮き沈みの激しさが暗示されているという・・。我ながら「極端だな~」と思います。いわゆる、いい時はいいけど、落ちる時は思いっきり落ちる、ということなので(笑)
面白いのは、西洋占星術だと火の要素がまったくない(ネイタルチャートの火のサインに天体がひとつもない)のに、東洋占術だと、火だらけだということです。
(日干が丙で、地支が巳と午だけなのです。だから剋してくれる来年の壬は歓迎すべきなんでしょうね)
西洋と東洋では、同じ「火」でも表す意味が違うのですが、面白いというか、この極端さがまた自分らしいと思いました。

present.jpg

↑上のかわいいネコの置き物は、先生から頂いたクリスマスプレゼントです!
おみくじが入っていて、今年最後の運だめし(?)でした。結果は、「何事も分相応に」だそうです(笑)
来年は何事も欲張らずほどほどに、ということでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます